むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 足が冷えて
    なかなか
    眠れない

  • 寝起きに
    顔がむくんで
    しまっている

  • 午後になると
    足がむくんで
    つらい

  • 夏なのに
    指先に冷えを
    感じる

長年、むくみや冷えに悩まされていませんか

「むくみ」や「冷え」といった症状は、特に女性に多い悩みでもあります。

 

なかなか緩和するのは難しく「体質だから仕方がない」
と諦めてしまっている方も多いかと思います。

 

「むくみ」や「冷え」を改善するためには「なぜその症状がでているのか」
を知ることが重要です。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

まずはむくみや冷えが起こる原因を理解しましょう

むくみや冷えを根本的に改善するためには、

「なぜむくみや冷えが起こっているのか」

を理解しておくことが重要です。

カイロを貼っている、厚着をするというだけでは根本的な解決には繋がりません。

【むくみの原因】

それではまず、むくみの原因からみていきましょう。

 

◆水分の摂りすぎ

むくみとは、体外へと排出されるべき水分が、体内に留まっている状態を意味します。
まず水分を取り過ぎないように意識しましょう。

 

◆姿勢のゆがみ

姿勢がゆがんでいると、身体の深い場所の筋肉が緊張し、特に下半身への血流が滞りやすくなります。その結果、足のむくみを生じやすくなります。

 

◆筋力低下

筋力が低下すると、血液を心臓へと送り返す機能が低下するため、下半身を中心にむくみが出やすくなります。

 

◆何らかの病気が原因となっているむくみ

むくみは、その背景に次のような病気が原因となっていることもあります。

 

●下肢動脈瘤

下肢動脈瘤は血管の弁の働きが悪くなることで静脈の血管が膨らんでしまう症状です。
血管が膨らむことによって主に足にむくみができるようになります。

 

●エコノミー症候群

長時間同じ姿勢でいることで血流が悪化し、血の固まりができてしまう症状です。
固まりができることで血管が詰まり、足や膝にむくみがでます。

 

●腎機能障害

腎臓の働きが悪くなると体内の水分を上手く排出することができなくなります。
不要な水分がたまることで全身のむくみの原因となります。

 

●リンパ浮腫

リンパ浮腫はリンパ管の流れが悪化してしまった状態です。
リンパ管にリンパ液がたまった部位がむくんでしまいます。

 

【冷え性の原因】

 

冷え性の原因としては、環境や生活習慣などが挙げられます。

 

◆環境

日常的にストレスを感じていると自律神経のバランスやホルモンバランスを崩し、身体が冷えやすくなります。

◆生活習慣

身体を動かす習慣がないと、筋力が衰えて冷えやすくなります。

 

◆日常生活でのくせ

真冬でも薄着を好むなどしていると、身体が冷えやすくなります。
また、夏場は冷房除けに羽織を着るよう心掛けることも大切です。

 

◆食事

氷の入った冷たい飲み物を好んで飲んでいると、身体の内側から冷えてしまいます。

 

むくみや冷えは食生活や運動の改善から意識しましょう

むくみや冷えは先天的なものではなく、その多くが日常の生活習慣によってもたらされます。

そのため、日ごろのちょっとしたことを意識することで、徐々に体質を変えていくことが可能です。

 

【むくみの根本的な改善法】

むくみは体外に排出されるべき水分が滞ることで生じるため、血流を促進して、水分の排出をサポートしてあげましょう。

 

◆ストレッチ・エクササイズ

筋肉が硬くなると、血管を圧迫するため血行が悪くなってしまいます。
ストレッチやエクササイズで動かすことで、血行が促進されむくみの予防が期待できます。

 

 

◆マッサージを行う

むくみやすい部分にマッサージを施しましょう。
筋肉が柔軟性を保つことで血液循環が促進されむくみの解消に繋がります。

 

◆湯船に浸かる

湯船に浸かって全身を温めることで、血流や代謝を良くしてむくみ予防ができます。
足湯や半身浴も効果的です。

 

◆カリウムの多い食材を摂る

ミネラルの一種であるカリウムを摂取することで、体内の老廃物が排出しやすくなりむくみの改善に繋がります。
バナナやイモ、肉、魚といったカリウムを多く含む食品を摂るように意識してみましょう。

 

 

【冷えの根本的な改善法】

冷えを根本から改善するためには、身体の中から体温を上げていくことが重要です。

 

◆温かいものを積極的に取り入れる

夏場であっても温かい食べ物を摂取し、身体の中を冷やさないよう心掛けましょう。

ビタミンB、C、Eを含む食品を積極的に食事に摂り入れるとよいでしょう。

 

◆湯船につかる

シャワーだけで済ませると気化熱が体表の熱を奪ってしまいます。できるだけ湯船にゆっくり浸かるようにしましょう。
湯船に浸かることで身体を温められるだけでなく、自律神経のバランスが整い冷えの予防に繋がります。

 

◆適度な有酸素運動を行う

運動不足で筋力が低下していると血流が悪化しやすく冷えの原因となります。
筋肉量を増やすことで身体が冷えにくくなり、自律神経の働きも安定します。
1日30分程度歩く習慣をつけましょう。

日本橋中央整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

「お風呂に入ってもすぐに冷えてしまう。」

「むくみが気になる」

このような、むくみや冷えに悩まされている女性の方は多いと思います。

むくみとは、水分代謝の異常によって身体の中に水分が滞っている状態になります。

余分な水分の排出がうまくいかないと身体の末端のふくらはぎから足腕から手先にブヨブヨとした感触押すと皮膚が戻ってこないなどの「むくみ」症状が現れることがあります。

冷えは血流の循環が悪くなり、うまく温度を全身に送れていない、また末端から心臓に戻す能力が弱まっている状態です。

「むくみ」「冷え」どちらも循環系統の障害になりますので、当院では足のリンパに対して刺激を行うDPL内蔵から代謝を上げる腸もみなどを行っていきます。

いずれも保険外施術にはなりますが定期的な施術によって改善を図りますので、1度ご相談ください。

※ヒアリングやカウンセリングを行い内科疾患の可能性、甲状腺機能低下症、膠原病、心疾患、腎疾患、月経不順によるものの疑いがある場合は内科などをご紹介いたします。

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

損傷組織が奥深くに広がっている場合や誘発物質が発生している部位にハイボルト(高電圧)の電気を与え組織の回復を促していきます。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、損傷箇所を調べる「検査」として使用することもあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

金属粒などがついたテープを経穴(ツボ)に貼ることで、点で刺激を与え筋肉を緩めていきます。
強い刺激が苦手な方や感受性が高い方などにおすすめな施術です。

 

■テーピング

「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的によりテーピングの種類を変えていきます。
一人ひとりの外傷(ケガ)の状態に合わせて、テーピングを行っていきます。

 

■骨格矯正

筋緊張がみられる場合や、むちうち症状、むくみなどさまざまな症状に対して骨格矯正は有効です。
身体全体のバランスをみて少しずつ矯正を行います。まずは、その身体のバランスに慣れさせることが重要になります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜は、全身の筋肉や骨格を覆っている薄い膜です。
その筋膜が癒着してしまったり緊張してしまうと「肩こり」や「腰痛」などが起こりやすくなります。
当院では、手技や特殊な精密機器(ブレード)を使用し施術を行っていますが、その方法は患者さんのご希望や検査により決定していきます。

 

■ドレナージュ
【DPL】

第二の心臓と呼ばれている「ふくらはぎ」の「パラテノン(脂肪)」にアプローチをすることで、血行を促進し「むくみ」や「冷え」などの症状の改善を図ります。
足の動きが良くなるように感じたり、足首を緩めることで「肩こり」などの症状緩和も期待できます。

 

■PIA

経穴(ツボ)に磁石や銅・アルミのついたテープを貼ることで、全身を流れる微弱な電流「生体電流」を整える施術です。
身体にあるさまざまなポイントにテープを貼り生体電流を整えていくことで自律神経のバランスの乱れによる症状の改善を図ります。

 

■温熱療法

患部周辺の皮膚や筋肉の深部を温めることでこり固まった筋肉を緩め血行を促進させていきます。
筋肉のこりが原因となり痛みが生じている症状「肩こり」や「腰痛」「頭痛」などの緩和が期待できます。
感覚が敏感な場所にもアプローチしやすく、お子様からご年配の方まで安心して受けていただくことのできる施術です。

 

■産後矯正

妊娠・出産により骨盤周辺の筋肉が緩み、骨盤が開いてしまっている状態を正しい状態に戻す施術です。
骨盤の矯正だけでなく自律神経へのアプローチであったり、甲状腺のツボや、足つぼを刺激することでホルモンバランスを整え、産後の不調の緩和を目指します。

 

■季節調整

腸揉みを行い、消化器を刺激することで自律神経のバランスを整えていきます。
肋骨付近(肝臓)にポンピング作用を与えることで働きを促進させることもあります。
花粉症や自律神経の乱れによる不調の緩和に効果が期待できます。

 

■O脚矯正

大腿部・大腿脛骨角などの状況をしっかり確認し施術を行います。
O脚の原因が、身体の軸のズレによるものなのか筋肉疲労によるものなのか見極め施術を行います。
原因によって施術箇所も異なり、お尻や太もも、足首に施術を行う場合もあります。

 

■猫背矯正

猫背を整えるためには、全身の状態のバランスをみることから始めていきます。
骨の運動連鎖を確認しながら骨格と筋肉を緩め施術を進めていきます。
丁寧にカウンセリングを行い日常でのアドバイスも行っています。

 

■小顔矯正

お顔周りの骨格を確認し蝶形骨と呼ばれる頭部の骨や頭蓋骨にアプローチを行ったり表情筋をほぐすことでリンパ液を流し小顔を目指していきます。
眉毛や目頭の左右がズレていることがあるので、左右差もしっかりと確認し施術を行います。

著者 Writer

著者画像
院長:田代 貴大
生年月日1990/4/26
血液型:A
資格:柔道整復師
趣味:サッカー、ダーツ

患者さんへ一言
院長の田代です。皆さんの良い日常を送るお手伝いが出来る様に日々施術させていただきます。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:日本橋中央整骨院
住所〒103-0027 東京都中央区日本橋2-9-4
最寄:東京メトロ「日本橋駅」徒歩0分、D4出口すぐなか卯の隣
駐車場:なし
                                 
受付時間
11:00〜
15:00
11:00~
17:00
-
16:00〜
20:00
- -
定休日は日曜・祝日です

【公式】日本橋中央整骨院 公式SNSアカウント 日本橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】日本橋中央整骨院 公式SNSアカウント 日本橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】日本橋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中