四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 肩の重みが痛みになってきた

  • 四十肩・五十肩の予防がしたい

  • 腕を上にあげると肩に激痛が
    走る

  • 肩の痛みで上着が着づらい

どの年代にも起こる四十肩・五十肩

四十肩・五十肩というと、中高年以降に発症するイメージをお持ちの方が多いと思います。

 

ですが、実際には若者であっても四十肩や五十肩になることがあります。

 

では、なぜ四十肩や五十肩になるのでしょう。

また、どう対処すればよいのでしょうか。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩や五十肩の多くが筋緊張によって起こります

四十肩や五十肩は単なる肩こりとは異なり、ある日突然、痛みが出て腕を動かしづらくなることが特徴です。

ただ、実際には長年の肩こりなど、筋緊張の結果として起こるケースが多いものです。

ですが、まれに耐えがたい激痛が現れるタイプもあります。

 

【強い痛みを伴う四十肩や五十肩】

 

四十肩や五十肩のことを医学的には「肩関節周囲炎」と言いますが、中でも、肩関節の変性が起こり、関節部への石灰沈着が進行するタイプ「石灰沈着性腱板炎」と呼んでいます。

石灰沈着性腱板炎を発症した場合、激しい痛みのために睡眠を取ることもままならなくなります。

原因はよく分かっていませんが、医療機関で痛み止めなどの処置を行うことは可能です。

 

【一般的な四十肩・五十肩の原因】

 

一般的な四十肩や五十肩の原因としては、次のようなことが挙げられます。

 

◆肩関節周囲の炎症

慢性的な筋緊張からの筋線維断裂により、肩関節の周囲に炎症を起こすことで痛みを生じている場合です。

髪を結ぶ動作やシャツを着る動作、腰に手を当てる動作に対して制限が加わり、重い症状だと肩や腕を動かすだけでも痛みを生じます。

 

◆身体の固さ

もともと身体が硬い人の場合、関節の可動域が狭いため、四十肩や五十肩を発症しやすくなります。

 

【四十肩・五十肩の症状の推移】

 

四十肩や五十肩の完治までの期間には個人差はありますが、平均して1〜3年かかると言われています。

 

その理由は四十肩や五十肩に3つの期があるためです。

まずは炎症期文字通り肩関節の周囲に炎症を起こし、腕を動かすと鋭い痛みを生じます。

 

次に拘縮期肩関節の可動域が狭くなります。

 

最後が解氷期、徐々に可動域が回復に向かい痛みも可動域も正常近くまで回復します。

四十肩・五十肩を発症した場合の改善法や対処法

四十肩・五十肩には3つの期があるので、その時々に応じた対処法が求められます。

また、接骨院・整骨院の施術を受けることで、回復までの期間を短くすることが期待できます。

 

【四十肩・五十肩への対処法】

 

四十肩・五十肩を発症した場合、症状変化に応じた対応が必要です。

 

◆炎症期

炎症期には激しい痛みがあるため、腕を動かす時はもちろんのこと、安静にしていてもズキズキと痛みます。

そのため、痛みが出ない姿勢を探し、安静にしていることが一番です。
お風呂で温めることも控えましょう。

 

◆拘縮期

四十肩や五十肩が拘縮期に入ると、強い痛みは収まってきますが、肩関節を動かしたときの痛みや稼働制限は残ります。

ただ、この時期に肩関節をしっかりと動かしておくことで、回復までの期間を短縮することが可能です。痛みに耐えられる範囲でしっかりと動かし、お風呂でゆっくりと温めましょう。

 

◆解氷期

解氷期は文字通り、四十肩や五十肩の「雪解け」を迎える時期です。
痛みがほとんどなくなり、稼働制限もかなり改善します。
拘縮期に続き、しっかりと動かすよう心がけましょう。

 

日本橋中央整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

四十肩や五十肩への施術法としては、「原因筋の柔軟性の獲得」「炎症の減退」「肩関節の可動域訓練」「超音波療法」などさまざまな方法でアプローチしていきます。

炎症期にはまず、安静・冷却によって肩関節の炎症を抑えます。

炎症期から回復期へと移行したのを確認したら、筋緊張を緩め肩にかかる負担を取り除きます。

また、拘縮(可動域の制限)を残さないため、肩関節の可動域訓練、及び筋力の回復を行っていきます。

 

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

損傷組織が奥深くに広がっている場合や誘発物質が発生している部位にハイボルト(高電圧)の電気を与え組織の回復を促していきます。
ハイボルト療法は即効性が期待できるだけではなく、損傷箇所を調べる「検査」として使用することもあります。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

金属粒などがついたテープを経穴(ツボ)に貼ることで、点で刺激を与え筋肉を緩めていきます。
強い刺激が苦手な方や感受性が高い方などにおすすめな施術です。

 

■テーピング

「腫れの軽減」「筋肉の補強」「関節の固定」などの目的によりテーピングの種類を変えていきます。
一人ひとりの外傷(ケガ)の状態に合わせて、テーピングを行っていきます。

 

■骨格矯正

筋緊張がみられる場合や、むちうち症状、むくみなどさまざまな症状に対して骨格矯正は有効です。
身体全体のバランスをみて少しずつ矯正を行います。まずは、その身体のバランスに慣れさせることが重要になります。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋膜は、全身の筋肉や骨格を覆っている薄い膜です。
その筋膜が癒着してしまったり緊張してしまうと「肩こり」や「腰痛」などが起こりやすくなります。
当院では、手技や特殊な精密機器(ブレード)を使用し施術を行っていますが、その方法は患者さんのご希望や検査により決定していきます。

 

■カッピング

カップを患部に当て真空状態にする施術です。血行が促進されることで蓄積されている老廃物を流していきます。
筋膜が緊張してしまっている方や皮膚の可動性が悪い方に特におすすめしています。
個人差はありますが、施術後は赤から紫色の残ることがあります。カッピングの痕は2週間程度で自然に薄く目立たなくはなりますが、痕が気になる方には施術を弱めに行うことも可能です。

 

■猫背矯正

猫背を整えるためには、全身の状態のバランスをみることから始めていきます。
骨の運動連鎖を確認しながら骨格と筋肉を緩め施術を進めていきます。
丁寧にカウンセリングを行い日常でのアドバイスも行っています。

著者 Writer

著者画像
院長:田代 貴大
生年月日1990/4/26
血液型:A
資格:柔道整復師
趣味:サッカー、ダーツ

患者さんへ一言
院長の田代です。皆さんの良い日常を送るお手伝いが出来る様に日々施術させていただきます。
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

【公式】日本橋中央整骨院 公式SNSアカウント 日本橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】日本橋中央整骨院 公式SNSアカウント 日本橋中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】日本橋中央整骨院
公式SMSフォローお願いします!

  • 新しい施術などのご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中